聖学院大学 キャリアサポートセンター

聖学院大学 キャリアサポートセンター トップ > サポート > キャリアサポートプログラム

キャリアサポートプログラム

ガイダンス、情報提供、そして資格取得講座など多彩なメニューを用意。

聖学院大学では学生が自分の進路を考えて、準備・活動を行う際、キャリアサポートセンターが中心に大学全体であらゆる角度から支援しています。現在、企業が大学生に求めているのは大学4年間を通じて何を得たかであり、何を経験したかであります。できれば大学時代の早い段階からキャリアプランニングを行い、大学生活の目標・テーマを決めることを推進しております。1年次から多彩なキャリアガイダンスを用意し、キャリアについて自ら考えてもらう機会を作っておりますので、積極的に参加してください。キャリア支援としては大きく分けるとガイダンス実施、情報提供と資格取得講座の開講です。インターンシップ授業も始まっており、実際に企業実習を通じて、就職を考える授業も用意されています。

(1)ガイダンス
キャリアガイダンス<1年生~2年生>
新入生のガイダンス時から進路に関するガイダンスは行っています。さらに1・2年生時に考えておいて欲しいこと、取り組んで欲しいことなどを講演会・掲示等でお知らせしています。
就職ガイダンス<3年生~>
本格的なガイダンスは3年生4月に実施されるグループ面談からです。大学生活の折り返し時点での総点検を行い、大学生活後半2年間、社会人への飛躍のステップである就職活動をどう取り組むかを真剣に考えてもらいます。5月~6月にかけてOB・OG講演会、採用試験対策経済常識試験実施、採用アナリストの講演会等いろいろなプログラムが続きます。 そして、9月からは就職活動を体系的に学ぶガイダンスが始まります。
(2)その他キャリアサポートプログラム各種
1・2年生対象「オンリーワン発見ゼミナール」
誰でも、必ずその人だけの(オンリーワン)「強み」を持っています。でも自分では気づかなかったり、単なる思い込みであったりすることも多く、「本当の強み」を発見するには良い指導者と仲間が必要です。このゼミナールでは、回を重ねるごとに、一人ひとりの「強み」が引き出され、学生たちが輝きはじめます。
3年生対象「学内会社説明会」
秋学期以降、毎週「就職ガイダンス」を重ね、12月末と2月初めに企業、公的機関など100社以上にご参加いただき「学内合同会社説明会」を開催しています。毎回、多くの3年生がここで良い出会いを得て内定をいただいたり、企業理解が飛躍的に深まり進路の方向性を見いだしたりしています。
4年生対象「水曜学内会社説明会」
4年生になった学生には、毎週水曜日の午前中に企業をお招きし、1社1教室、事前申込制の個別企業説明会を実施しています。応募学生は全員、その企業に興味を持っている者ばかりです。3時間の中でじっくり会社のご説明をいただき、個々の学生とお話をしていただいています。
(3)情報提供

情報提供には紙媒体(企業から送られる求人票、OBOG名簿、就職活動体験記、セミナー情報、企業データ・ガイドブック、就職活動参考書)とコンピューター(聖学院大学ホームページのキャリアサポートセンタープライベートページから)によるデジタル情報があります。特に聖学院大学が誇るキャリアサポートセンタープライベートページの一端を紹介します。本学では学生が自宅から大学のホームページにアクセスし、様々な情報をいつでも入手できます。キャリアサポートセンタープライベートページ(ID・パスワードが必要)には現在の求人依頼企業(毎日更新)、先輩の就職活動報告、来校企業情報などタイムリーな情報が満載されています。IT時代の就職活動は情報戦が成否を決定すると言われています。毎年、本学生はこのプライベートページからホットな採用試験情報・採用試験傾向等を入手し、第一志望の企業に就職しています。

Page Top