聖学院大学 キャリアサポートセンター

聖学院大学 キャリアサポートセンター トップ > サポート

サポートプログラム各種

キャリアサポートプログラム

聖学院大学では学生が自分の進路を考えて、準備・活動を行う際、キャリアサポートセンターが中心に大学全体であらゆる角度から支援しています。現在、企業が大学生に求めているのは大学4年間を通じて何を得たかであり、何を経験したかであります。できれば大学時代の早い段階からキャリアプランニングを行い、大学生活の目標・テーマを決めることを推進しております。1年次から多彩なキャリアガイダンスを用意し、キャリアについて自ら考えてもらう機会を作っておりますので、積極的に参加してください。キャリア支援としては大きく分けるとガイダンス実施、情報提供と資格取得講座の開講です。インターンシップ授業も始まっており、実際に企業実習を通じて、就職を考える授業も用意されています。

インターンシップについて

学生が在学中に自らの専攻や将来のキャリアに関連した就業体験を行うことで、学校と企業(非営利団体を含む)との連携によって行われるものをいいます。

学年別支援

聖学院大学では毎年、その時期に応じて3年生、4年生を対象に「学年別支援」を開講しています。
申込制、受講料無料。

留学生への支援

就職活動の内容は日本人学生と基本的な流れはほぼ同じであり、3年次に始まる就職ガイダンスに参加しています。最初の情報収集と内定後の在留資格変更を行う点のみが異なります。

情報収集に際しては、本学では個別に『留学生求人依頼企業ファイル』を作成し情報提供を行っております。外国人雇用サービスセンターでは日本での就労を希望する外国人に雇用情報の提供、就職相談・紹介を行っています。

書類ダウンロード

証明書には用途に応じていろいろな種類があります。就職・進学については3点セット(健康診断書、卒業見込み証明書、成績証明書)が基本となります。各種証明書の交付は学生課受付とキャリサポートセンター受付とありますので注意してください。また、証明書交付後は理由の如何を問わず手数料の返還はいたしませんので注意してください。(※証明書の発行日は、日曜・祝日などを含まない日数となります。また下記数字は原則ですが、事情により数日多くかかる場合がありますので余裕をもって申請して下さい。)尚4年生について申し込みは学生課、書類の引き渡しはキャリアサポートセンターにて行っています。

講座案内

企業はつねに経営の効率化が求められ経費削減が実施されています。聖域とされていた社員の教育部門も例外ではなく研修費用が削られ、個人の積極的な自己啓発が重要になっています。
採用関係においても合否の鍵のひとつとして"即戦力"が挙げられるようになり、大学生のダブルスクール(大学在学中に資格取得のために専門学校にも通うこと)は、当り前になりつつあります。本学でも早くから学生の間で資格取得のニーズが高まり、その要望に応えて様々な資格取得講座を開講しています。大学全体のスケールメリットを利用し、各分野の一流専門学校との提携により、低価格でわかりやすい資格取得講座を開講しています。
毎年、資格取得を目標にしてやり遂げた経験は多くの先輩たちに大きな自信と誇りとなっています。また、資格取得の過程で身に付けた骨身を惜しまず努力する姿勢は、その後の就職活動で直面する困難を乗り越える勇気とチャレンジ精神を育んでいます。

Page Top